BBクリームに下地は必要?崩れにくいメイク方法を教えて!

ベースメイクの定番化粧品となっているBBクリーム。普通のファンデーションと違うことはわかるけれど、下地は必要なのでしょうか?いまいちBBクリームの正しいメイク方法がわからないという人は多いです。今回はBBクリームと下地に関する疑問をまとめてみました!

BBクリームに下地は必要?

女性 顔 肌

BBクリームは、1本に様々な成分や効果を持ったベースメイク化粧品です。ファンデーションと違い、下地がなくても肌にフィットしてくれます。

そのため、下地を付けずに素肌に直接塗ることができます。ファンデーションと同じように、肌に合ったカラー展開やカバー力もあるので、下地もファンデーションも塗らずに1本でベースメイクが完成します。

BBクリームと下地の違いとは?

下地 化粧品

BBクリーム

BBクリームは、1本で日焼け止め・下地・ファンデーションの効果が期待できます。下地や日焼け止めを塗らなくても、お肌の土台を1本で完成させることができます。

カバー力も兼ね備えているので、仕上がりにコンシーラーも不要。そのため、ベースメイクの時間をグッと短縮できると忙しい女性を中心に人気が高いです。

また、カバー力の高さに定評があるBBクリームはコンシーラー代わりに使われていたり、活用方法も様々です。

下地

ファンデーションを塗る前に使う下地は、皮膚の凹凸を整えてフィット感を高めたり、皮脂をおさえて化粧崩れを防止する役割があります。

また、ファンデーションが毛穴に溜まるのを防いだり、お肌が傷つくのをおさえる効果も持っています。

化粧崩れを防ぐだけでなく、肌を保護すると言う観点からも、ファンデーションの前には下地を塗ることをおすすめします。

コントロールカラー下地

下地の中には、様々な肌悩みを改善する色味のついた下地もあります。

たとえば、赤みが気になるお肌には色を抑えるグリーン、くすみを飛ばしたいときにはパープル、血色あるやわらかい肌にしたいときにはピンクなど、その時のお肌の状態を整えてくれるカラー下地があります。

BBクリームは色味の補正力よりカバー力のほうが高いので、悩みに応じてコントロールカラー機能をもった下地を活用してみてるのはおすすめです。

BBクリームは下地代わりにもなる?

疑問 ?

BBクリームには日焼け止めや下地の効果もあり、カバー力もあります。そのため、下地として活用することもできます。

BBクリーム自体にも色が付いているので下地として使い、上からファンデーションを重ねると、お肌がしっかりカバーされたベースメイクを完成させることができます。

BBクリームを使った下地なしのメイク手順

女性 メイク

1.スキンケア

BBクリームを使ってベースメイクをする前に、まず化粧水や乳液などでお肌を保湿して状態を整えましょう。下地は不要なので、保湿後はそのまま素肌にBBクリームを塗ります。

2.BBクリームを伸ばす

BBクリームは、頬やおでこなどの広い範囲に適量をのせてから、顔の内側から外側に向かって伸ばしていきます。ムラにならないように、指やスポンジなどを使ってしっかりと伸ばしてくださいね。

基本的には、BBクリームを使ったらファンデーションは不要です。カバー力があるため、コンシーラーも使わなくて大丈夫です。

3.ルーセントパウダーで仕上げる

ベタつきや化粧崩れが気になる場合には、BBクリームを塗った後にルーセントパウダーを使うといいでしょう。BBクリームは仕上がりが少々ベタつくと感じる声も少なくないので、パウダーを重ねるとサラッとした仕上がりになります。

また、皮脂の分泌をおさえるような成分が入っているパウダーを選ぶと、さらに化粧崩れ防止の効果も期待できます。

※関連記事
BBクリームを使う時の順番とは?下地の有無や綺麗な仕上がりのコツ

BBクリームで下地いらずの美肌をつくろう

女性 メイク

下地や日焼け止めを塗る手間をかけずに、1本でベースメイクを完成させることができるBBクリーム。忙しくて朝なかなかメイクに時間をかけていられない女性にとって、まさに救世主ですよね。

メイクを簡単に仕上げることも、しっかりカバー肌を作ることもできるので、必要に応じて上手に活用していきましょう。

当サイトでは、BBクリームおすすめ人気決定版!CCクリームとの違いや使い方をご紹介しています。ぜひ、ご参照ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です