BBクリームにコンシーラーは必要ない?塗る時の順番や使い方とは?

1本でベースメイクすべての機能が凝縮されたBBクリームは、カバー力の高さにも定評があります。その際に多く挙がる疑問の声が、「コンシーラーは必要ないの?」という意見。今回は、BBクリームを使ったベースメイクとコンシーラーの関係についてをご紹介していきます!

BBクリームにコンシーラーは必要?

コンシーラー

BBクリームはカバー力が高いので使わなくても大丈夫

BBクリームのBBとは「Blemish Balm(傷や欠点を補うバーム)」の略で、日焼け止めや下地効果はもちろん、カバー力がとても高いのが特徴です。

1本ですべてのベースメイクの役割を字果たしてくれる、万能なクリームなのです。

顔全体の色ムラや気になる部分をキレイに整えてくれるので、BBクリームを使えば、基本的にはコンシーラーは不要となっています。

※関連記事
BBクリームおすすめ人気決定版!CCクリームとの違いや使い方

どうしても気になる部分にはコンシーラーを使おう

BBクリームはコンシーラーがなくてもキレイに仕上がるのが特徴ですが、「どうしてもBBクリームだけでは隠しきれない!」と気になる部分がある場合には、コンシーラーを活用しましょう。

BBクリームは、コンシーラーのように肌の気になる部分もキレイにしてくれますが、基本的にコンシーラーとは役割が少し違います。

そのため、部分的に気になる部分には、コンシーラーを軽く塗ってあげると、お悩みの部分が更に目立ちにくくなります。

BBクリームとコンシーラーの違いとは?

コスメ

BBクリーム

BBクリームは、もともとドイツで生まれた医療用の軟膏です。施術後の傷を保護する役割として使われていました。

そこに美容化粧品として、日焼け止めや下地効果、カバー力をさらにプラスして誕生したのが、現在広く知られているBBクリームです。

ファンデーションのようにベースメイク用品として使うことができますが、肌への負担が少ない点も特徴のひとつです。

コンシーラー

一方コンシーラーは、ニキビの跡やシミなど、気になる部分を集中的にカバーしてくれる、部分ファンデーションのようなものです。

パウダーファンデーションの前や、リキッドファンデーションの後の順番で使うことにより、気になる部分に重ねることでお悩み箇所を目立ちにくくしてくれます。

一般的には部分用の化粧品なので、顔全体というよりも気になる箇所にのみのせていく使い方がおすすめです。

BBクリームとコンシーラーを使ったベースメイク方法

コスメ

まずはBBクリームから塗っていく

BBクリームを使ってベースメイクをする場合には、最初に化粧水などでお肌を整えておきます。その後、顔の中央から外側の順番で、BBクリームを顔全体に塗っていきます。

BBクリームには日焼け止めや下地効果もあるため、特に日焼け止めや下地を塗る必要はありません。

BBクリームを塗った後にコンシーラーを使おう

もしコンシーラーを使う場合には、BBクリームの後にコンシーラーの順番で使いましょう。

また、先にコンシーラーを塗ってしまうと、BBクリームを顔全体に伸ばすときによれてしまう恐れがあります。

そのため、BBクリームを伸ばしてからコンシーラーの順番で塗っていくことがおすすめ。ベタつきが気になったり、必要があればパウダーで仕上げてください。

※関連記事
BBクリームを使う時の順番とは?下地の有無や綺麗な仕上がりのコツ

BBクリームとコンシーラーは必要に応じて上手に併用しよう

女性

BBクリームは、1本でお肌をキレイに整えてくれる効果を持ちますが、どうしても気になる部分にはコンシーラーを使うと、よりカバー力がアップします。

BBクリームとコンシーラーを必要に応じてうまく活用することで、希望通りのベースメイクを目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です